債務整理のお役立ちブログ

住宅ローンが返せない場合どうなるのか?返せるか不安な人は?

    

住宅ローンが返せない場合
予想外の収入源、親の介護費の増加、会社が倒産、住宅ローンを組む間には想像していなかったことが起きることがあります。
特に最近は、少ない資金でも念願のマイホームが購入できる、フラット35が人気です。
長期間にわたる月々の返済額を抑えて、ローン返済ができるのでありがたい住宅ローンではあるのですが。

35年もあれば、なにかしら問題も起こるのが人生ですから。
やはり、出来る限り頭金を多く作って、想定外のことにも対応できるような支払いプランにしておくことが最も大切です。

とはいえ、既に住宅ローンが支払えない状況になってしまった方に、今後のスケジュール、そしてこの最悪な状況でできることについて書いていこうと思います。

住宅ローンが返せない場合の今後のスケジュール

端的に言えば、住宅ローンが返済できない状態が続くと、何もしなければ、1年で競売にかけられることになります。

住宅ローンの返済が滞った後1ヶ月後

支払いの通知、督促状が届きます。

住宅ローンの返済が滞った後3ヶ月後

個人の信用情報に傷がつきます。
ブラックリスト入りです。

住宅ローンの返済が滞った後半年後

住宅ローンの一括返済が請求されます。

住宅ローンの返済が滞った後9ヶ月後

保証会社がローンの返済を代わりに行います。
その後保証会社から「代位弁済通知書」なるものが届きます。
あなたの代わりに返済しましたよ!という通知ですね。

住宅ローンの返済が滞った後10ヶ月後

保証会社から競売を申し立てられます。
「担保不動産競売開始決定通知」が届きます。
これは、裁判所が競売の申し立てを受理したという通知です。

住宅ローンの返済が滞った後1年後

裁判所が家にやってきます。
競売にかけるために、写真などを取られたりします。

その後競売にかけられますので、自分の家からでていかなければなりません。
応じない場合は、強制執行で追い出されます。

住宅ローンの支払いができなくなる前にできること

1.家計を見直す

まずは、最悪な状況にならないために、とにかく家計を見直しましょう。
最も大きく削減できる項目は、車の保険、医療保険、携帯電話の通信費です。
車の売却、保険の解約、できるものは何でも見直しましょう。

2.返済する金融機関に相談

1でも住宅ローンの返済が困難な場合、諦めずに金融機関に相談にいきましょう。
返済条件を見直してくれることがあります。
例えば、返済期間の延長、利息の減額なども状況によっては可能です。

そのために必要なことは、収入の安定度、毎月が黒字であることなどを資料として提出すれば、十分に家計が回復できると判断されれば、返済条件の見直しは、十分にありえます。
ぜひ、行って下さい。

まとめ

住宅ローンが返済できない場合、漠然と不安に思うのではなく、出来る限りの方法で自分の家を守る行動を今すぐ取って下さい。
まずは、家計の見直しです。
これなしには、前には進みません。

家計飲み直しもせずに、金融機関にいって、返済条件の緩和を求めても無駄です。
まずは、自分の生活を身をもって切る姿勢が必要です。

車を所有しているのであれば、売却も検討に入ります。
面倒でも、公共機関を利用する。

いざという時のために払っていた保険も解約。

スマホを格安スマホに変更した上で、低額プランへの変更も今すぐ検討しましょう。
スマホの料金を安くする方法については、たくさんいい情報がネットで見つけられます、
試しに、探してみましたので、こういう方法で、スマホの料金を安くして、金融機関にお相談する際にも誠意を見せましょう。

そして、それでも返済が難しい場合、最終的には、返済条件の緩和を金融機関に相談に行きましょう。

自分のマイホームを失い、自己破産ということにならないためにも、是非行っていただきたいと思います。