債務整理のお役立ちブログ

債務整理方法の方法

    
債務整理の方法

債務整理の方法は色々

債務整理の方法は、全部で4種類の方法があります。

自分の状況を把握した上で債務整理の専門家である弁護士・司法書士にどの方法を使って債務整理をしていくかを決めてもらうのがいいでしょう。

実際、債務整理をしようと思って、自己破産しか方法がないと思っていても、任意整理で債務整理をすることになるケースもあるし、任意整理ではどうにもならず自己破産を用いるしかないケースもあります。

また、自分の所有する不動産がある場合は、個人再生という方法で債務整理をするのがいいかもしれません。

自分がどういう状況なのかを全て債務整理の専門家に話すことで、あなたに最適な債務整理の方法を教えてもらうことになります。

ここでは、その債務整理の4つの方法を見ていきましょう。

債務整理の方法1:任意整理

裁判所などの法的な手続きを利用せずに、債権者と直接交渉し、利息のカットや返済方法の組み直しなどを交渉すすことを任意整理といいます。

通常、弁護士や司法書士に依頼し、債権者と交渉してもらいます。
弁護士や司法書士が介入することで、それまでのうるさい督促もすぐに止まります。

借金も利息制限法の制限内で計算されますので、借金を減額することができます。
なお、債務者自身で業者と交渉しても、うまくいきません。
借金を背負った本人ですから、業者としては、「早く返せ」ということになりがちです。
普通に考えても、うまく交渉できないことが予想できますよね。

債務整理の方法2:特定調停

借金があまりない場合の借金の整理法になります。
簡易裁判所に調停を申し立てて行います。

調停委員は、利息制限法を元に合意の斡旋をしてくれますが、合意が得られなければ、裁判所の斡旋も法の拘束力はないので、注意が必要です。

債務整理の方法3:個人再生

債務整理の方法4:自己破産

自己破産は、借金の減額はできませんが、自己破産を申し立て、借金の免責が認められれば、債務を返済しなくても良くなります。

簡単に手続きを見ていくと、破産手続開始の申し立てを裁判所にし、その決定を得て、さらに免責の手続きをすることにより免責の決定が得られれば、税金などを除いた債務が消失します。

自己破産というと、何か暗いイメージがありますが、制度の趣旨は、抱えきれない借金を一度清算して、その人に立ち直りの機会を与えることです。

次のコラム